厚生労働省 教育訓練給付金制度

教育訓練給付制度

雇用の安定や、就職の促進を図るために必要な技術を、厚生労働省の指定講座で習得する方に支給される給付制度です。社会人経験者が日本ウェルネス保育専門学校に入学し卒業した場合、支払った金額(教育訓練経費)の一部がハローワークから支給されます。教育訓練には「一般教育訓練」と「専門実践教育訓練」の2種類があり、本校が該当するのは「専門実践教育訓練」です。

指定講座

こども保育学科夜間部(平成29年4月入学者)

詳しくはこちら【PDF】

こども保育学科夜間部支給内容

支給額 教育訓練経費の40%
追加支給額 教育訓練経費の20%
※条件…卒業(保育士資格取得)から1年以内に被保険者として雇用
支給額の上限 32万円以内/年
※20%の追加支給を受けた場合48万円以内/年
支給期間 3年
※原則2年で、本校は3年間で資格取得のため3年に延長

対象者

専門実践教育訓練に対する教育訓練給付金の支給対象となる方は、以下の1又は2に該当する方です。

1.初めて受給する場合
受講開始日前までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
(10月1日前に教育訓練給付を受給した場合は、その受給に係る訓練の受講開始日から今回の受講開始日前までに、通算して2年以上の被保険者期間が必要です。)
2.2回目以降として受給する場合
前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までに、通算して10年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
(10月1日以降に「一般教育訓練」の給付を受けた場合、次に専門実践教育訓練の給付を受給するためには、その受給に係る訓練の受講開始日から今回の受講開始日前までに、通算して10年以上の雇用保険の被保険者期間等が必要となりますので、ご留意ください。)

※専門実践教育訓練給付を受ける場合には、前回受給から今回受講開始日前までに10年以上経過していることが必要です。

こども保育学科夜間部納入金と支給額(3年間)

教育訓練給付金が支給された場合の概算
(あくまで目安です。詳しくはハロ-ワークへお問い合わせください。)

教育訓練経費(支給対象) 入学金+受講料(授業料、教科書代等)=約1,810,000円
教育訓練経費以外の経費(支給対象外) 施設維持費+諸経費(図書費、行事費等)=約410,000円
納入金額(3年間)の合計 約2220,000円
支給額 約1810,000円×40%=約724,000円
(3年間申請を継続した場合の総額)
追加支給額※卒業後に申請、条件あり 約1810,000円×20%=約362,000円

※教育訓練給付の対象者であるないにかかわらず、本校へは募集要項にある通りの金額の納入が必要となります。

※ご自分が給付対象者であるかどうかは、ハローワークにて「教育訓練給付金支給要件照会」を行い、確認する必要があります。
(要本人住居所の確認できる書類)

【PDF】東京労働局「訓練前キャリア・コンサルティングのご案内」

資料請求 オープンキャンパス