第8回 子どもたちと楽しめる簡単な遊び

2016.08.03
シノガクコラム

こんにちは!入学相談室です。
今回のテーマは「子どもたちと楽しめる簡単な遊び」です。
職場体験に参加するとき、「子どもたちと何をして遊べばよいのだろう」と不安に感じているあなたに、保育園や幼稚園で子どもたちと一緒に遊べる簡単な遊びを紹介します!

身体を動かす遊び

・かけっこ
・おにごっこ(高おに・氷おに・色おになど)
・だるまさんがころんだ
・かくれんぼ
・しっぽとり
・どんじゃんけんぽん
・けんけんぱ
など

子どもたちは身体を動かして遊ぶことが大好きです。
2~3歳の子どもたちなら「追いかけっこ」をするだけでもとても盛り上がります。
4~5歳の子どもたちならルールのある遊びが楽しめるようになるので、おにごっこでも「高おに」や「氷おに」、「色おに」などルールがある遊びが良いと思います。

室内で出来る遊び

・にらめっこ
・じゃんけん
・いっぽんばしこちょこちょ
・ごっこあそび
・フルーツバスケット
・イス取りゲーム
・ハンカチ落とし
・おりがみ
など

室内ではおもいきり身体を動かすことは難しいですが、おままごとやいすを使ったゲームなど、保育室にあるものでの遊びも子どもたちに人気です。
また、物を使わなくても、にらめっこやじゃんけんなどの遊びも子どもたちには喜ばれます。

伝承遊び

・かごめかごめ
・なべなべそこぬけ
・はないちもんめ
・おせんべいやけたかな
など

昔から伝わる遊びを「伝承遊び」といいます。
現代の子どもたちは核家族化や電子ゲームの発展によって、友だち同士で遊ぶことや年の離れた友だちに遊びを教えてもらう経験が減ってきています。
そのため昔ながらの遊びを知らない子も増えています。
もしあなたが知っている遊びがあれば、ぜひ教えてあげてください。

どうやって子どもたちと遊ぼうと不安に感じていたあなた、不安は和らぎましたか?
今回ご紹介した遊びでなくても大丈夫です。
一番大切なのは子どもたちと一緒に楽しく遊ぶことです!
子どもたちは一緒になって遊んでくれる先生のことが大好きです。

次回のテーマは「子どもたちにおすすめの絵本」です!

ガイドブックが必要な方は、以下のページよりお申込みください。
みなさまのお申込みをお待ちしています。

ダウンロード(無料)はこちらから↓
中高生のための「職場体験」ガイドブック申込みページ

資料請求 オープンキャンパス