第2回 園児の1日の過ごし方について

2016.06.22

こんにちは!入学相談室です。
今回は園児の1日の過ごし方についてお話します!
保育園や幼稚園によって過ごし方はそれぞれですが、一般的な例をご紹介します。

保育園:園児の1日の過ごし方

【ある保育園の1日】

7:30~順次登園・好きな遊び
9:30~朝の集まり
10:00~主活動(制作・お散歩・室内遊びなど)
11:30~給食
12:30~お昼寝
15:00~おやつ
16:00~午後の活動(室内遊びなど)
17:00~順次降園または延長保育

保育園の子ども達たちは園にいる時間が長いため、元気に遊ぶだけではなく心身の疲れを癒せるような時間も必要となります。そのため、昼寝(保育用語では午睡)があります。

幼稚園:園児の1日の過ごし方

【ある幼稚園の1日】

9:00~順次登園
9:30~朝の集まり
10:00~主活動(制作・園庭遊び・室内遊びなど)
11:30~お弁当又は給食
12:45~午後の活動(園庭遊び・室内遊びなど)
14:00~帰りの準備、順次降園または延長保育

幼稚園は「学校」であると前回のコラムでお伝えしましたが、学校だからといって教科を教えるわけではありません。子どもたちは生活や遊びを通してさまざまなことを学ぶので、保育園と同様、やはり遊びが中心となっています。

保育園や幼稚園での活動や経験から得られるもの

並べて見てみると、保育園と幼稚園では時間は違うものの、活動自体は似ている部分が
いくつかありますね。子どもたちは園の中で基本的な生活習慣を身につけたり、集団生活のきまりや物の使い方、遊びのルールやお友達との関わり方などを知っていくなど、多くのことを経験し学んでいるのです。

子どもたちがどのように過ごしているか想像できましたか?
次回のテーマは「保育士や幼稚園教諭の仕事内容について」です!

ガイドブックが必要な方は、以下のページよりお申込みください。
みなさまのお申込みをお待ちしています。

ダウンロード(無料)はこちらから↓
中高生のための「職場体験」ガイドブック申込みページ

資料請求 オープンキャンパス